派遣の広告はよく求人誌に掲載されています。派遣会社の面接を受ければ条件にあった就業先を紹介してもらえます。

失業者にとって助かる派遣という仕事
NAVIGATION

派遣社員として働くまで

非正規雇用の求人の中で多いのが派遣の求人です。求人広告では一見あまり派遣とはわからない書き方をしているので、アルバイトだと思って応募してみたら実際は派遣の仕事だったというケースはけっこうあります。派遣はアルバイトとは違って、まず派遣会社に連絡をして面接を受ける必要があります。そのときに実際に働く就業先を紹介してもらえます。ただし、面接やスキルチェックの結果から、求人広告に載っていた就業先を紹介してもらえないこともあります。その場合は希望条件に合った他の就業先があれば紹介してもらえます。

そして派遣社員として就業先で働く前に、派遣会社と雇用契約を結びます。それによって派遣会社の派遣社員となり、給料は派遣会社から支給され、条件によって雇用保険や社会保険などにも加入できます。大きな派遣会社ほど福利厚生がしっかりしています。研修セミナーや労働相談サービスなどがあり、就業したあとにも派遣社員をしっかりサポートしてくれます。派遣会社の研修制度はとても便利です。オフィススキルなどのパソコンの授業、ビジネス英会話や基礎英会話などの授業が定期的に開催されていて、スキルがなくて派遣で働くことに自信がない人は割安で受講できます。
Copyright (C)2017失業者にとって助かる派遣という仕事.All rights reserved.