派遣は非正規雇用の一つです。仕事がすぐに始められる、給料がすぐにもらえるという点で失業者に人気があります。

失業者にとって助かる派遣という仕事
NAVIGATION
失業者にとって助かる派遣という仕事

失業者にとって助かる派遣という仕事

景気回復の兆しがあるとはいえ、まだ失業者が沢山いる時代です。そして失業者にとって助かるのが派遣社員という雇用形態です。派遣社員は正社員とは違って非正規雇用となります。非正規雇用の人口が増えてきているというニュースをよく最近耳にします。その非正規雇用という雇用形態の実態が派遣なのです。派遣社員は、派遣会社とコンタクトを取って、面接を受けて希望の就業条件などを伝えれば、うまくいけば条件に合った派遣先企業をその日のうちに紹介してもらえます。そして次に派遣先企業との顔合わせがあります。その時にどんな職場なのか職場の雰囲気を見学させてもらうこともできます。

顔合わせや見学を経て、両者就業条件に合意をすれば、派遣契約が結べます。派遣会社とコンタクトを取ってから実際に企業で働くまでには、とんとん拍子でいくと1週間以内で済むこともあります。正社員だと書類選考や面接、内定決定、入社日調整などがあり、応募してから働くまでに1ヶ月以上かかることもありますが、派遣だとすぐに職にありつけます。それに日払い制や前払い制、月2回の給料日制があるところもあり、お給料がすぐにもらえる点でも失業者にとっては魅力的なのです。

PR情報

Copyright (C)2016失業者にとって助かる派遣という仕事.All rights reserved.